ヨーグルトをおいしくする様々な食べ方

腸内環境を良好に保つためには、毎日ヨーグルトを食べることが理想とされています。しかし、おいしいと思えないのに、「体のためだから」と無理して食べるのでは、食べること自体がストレスになってしまったりして、かえって逆効果です。自分に合ったおいしく食べられる方法を見つけましょう。

ヨーグルトのカロリーが気になるという場合は、プレーンのまま食べるのが良いでしょう。酸味が気になる方は、フルーツやはちみつ、ジャムと組み合わせてみると良いでしょう。

バナナやリンゴは食物繊維も豊富で、ヨーグルトとの相性は抜群です。食物繊維は体内の消化酵素によって分解されないので、消化・吸収されないまま大腸に運ばれます。そのため、大腸内にある乳酸菌をはじめとする善玉菌の栄養源となり、悪玉菌の発生を抑えて体調をよくしたり、便通をよい状態にするなどの効果があります。

豊富なミネラルを含むブルーベリージャムやはちみつを入れるのも効果的です。また、おなかのなかでビフィズス菌のエサになり、善玉菌をさらに増やしてくれるオリゴ糖もおすすめです。オリゴ糖は食物繊維と同様に、善玉菌のエサとなって腸内環境をよくする働きがあります。オリゴ糖はショ糖や乳糖、トウモロコシなどを原料として作られている糖類で、消化・吸収されない糖質のため「低カロリー甘味料」として利用されています。

食物繊維もオリゴ糖も、カロリーがほとんどないのが特徴で、この性質を活かしてヨーグルトと一緒に摂取するようにすると、カロリーを抑えながらさらに効率よく腸内環境を整えることができます。

また、プレーンヨーグルトに、同量の牛乳を加えてよく混ぜ、仕上げにレモン汁を少々加えてヨーグルトドリンクにしてしまうのも1つの方法です。さっぱりとして飲みやすく、レモンのビタミンCが一緒に摂取できます。さらに、ちょっと変わった食べ方としては、ブルガリアでよく食べられているように塩を混ぜたり、ゴマや抹茶、きな粉を加えても良いでしょう。