自宅で気軽に作れるヨーグルトの作り方を紹介

ヨーグルトを自宅で作るのは難しいと思っていませんか?

実は近所のスーパーに売っているような簡単なものだけで、どこの家庭でもヨーグルトを作ることが可能です。

ヨーグルトメーカーを使えば本当に簡単にヨーグルトを作れますが、ここでは自宅で手軽に作れるヨーグルトを紹介します。

用意するもの

  • タオル(厚手のものが好ましい)
  • 密閉容器
  • 温度計
  • 牛乳 1リットル
  • プレーンヨーグルト 100cc(スーパーなどで売っているもの)

ヨーグルトの作り方

  1. 牛乳を鍋に入れて、火にかける。
  2. 45℃くらいになったら火を止める。乳酸菌が生きられるのは45℃までなので、45℃を超えないように注意する。
  3. 温まった牛乳を密閉容器に入れ、そこに少しずつヨーグルトを加えて、混ぜていく。かたまりができないようにしっかり混ぜる。
  4. 容器にふたをしてしっかり閉める。
  5. タオルに包んで、10~12時間待つ。(外気温によって固まる時間に差あり)冬は発泡スチロールの中に置くと保温しやすい。