ヨーグルトで善玉菌と悪玉菌のバランスを保つ

乳酸菌は腸内に住む善玉菌の代表選手。
善玉菌と悪玉菌のバランス維持は、おなかの健康にとって非常に大切な要素ですが、そのバランスは年齢ともに大きく変わっていきます。

生まれた直後の赤ちゃんの腸内には細菌はいませんが、すぐに大腸菌や腸球菌(悪玉菌)が住みつきます。しかし、生後3~4日もたつとビフィズス菌(善玉菌)が現れて急激にその勢いを増し、大腸菌や腸球菌は少なくなって、腸内細菌のバランスは保たれるようになります。赤ちゃんの腸内は、母乳やミルクに含まれる乳糖をエサにして善玉菌の代表であるビフィズス菌優性の状態になりますが、様々な食事をとるころから、そのバランスは大人に近いものになっていきます。そして、成年期を過ぎて老年期にさしかかったころからビフィズス菌が急激に減少し、ウェルシュ菌などの腐敗菌が増えていきます。これは、年を重ねると消化機能が衰え、食物が腸内に長くとどまり、悪玉菌が増殖しやすい環境となっていくためだといわれています。

年齢や食生活だけでなく、ストレスや運動不足なども腸内細菌のバランスに影響してきます。実年齢が若い人であっても「腸年齢」が実年齢よりも高くなっているケースもあるため注意が必要です。そのまま放置しておくと腸内では悪玉菌がどんどん増殖し、様々な病気のリスクが高まります。

日頃からストレスの少ない規則正しい生活と、適度な運動、そしてヨーグルトの継続摂取を続けることによって腸を善玉菌優性に保つように心がけましょう。

いくらヨーグルトが体内の乳酸菌を増やすことに効果的であるといっても、ヨーグルトだけ摂取していれば健康が保てるというわけではありません。ゴボウ、海藻、キノコ類、イモ類に豊富に含まれる食物繊維も腸内を浄化し、善玉菌の増殖を助けてくれる力強い味方です。食物繊維が多く含まれる食事など、様々な食品をバランスよく摂取することが重要です。