ヨーグルトに含まれる栄養素

ヨーグルトには「完全栄養食品」と言われる、牛乳の優れた栄養バランスが生きています。

ヨーグルトの主成分となる牛乳に牛乳に含まれる良質なたんぱく質、脂質、糖質、カルシウムなどの栄養素が、発酵という過程を経ることによって、より吸収されやすい形に変化しているだけでなく、栄養素の本来の働きに加えて、多量に含まれる乳酸菌にも様々な効果があります。

たんぱく質

牛乳などに含まれているたんぱく質の一部が分解されてアミノ酸やペプチドに変化し、体内で消化・吸収されやすい形になっています。

脂質

発酵させることによって、酢酸、プロピオン酸、酪酸などの脂肪酸などが作られ、ヨーグルト独特の風味が生まれます。

糖質

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのは、糖質の乳糖が原因です。ヨーグルトは、乳酸菌によって乳糖が分解されるので、牛乳が苦手な方も安心して食べられます。

カルシウム

牛乳はカルシウムの吸収率が高い食品です。ヨーグルトは、発酵によってカルシウムが分解されカゼインホスホペプチドと呼ばれる吸収されやすい物質になっているので、さらにカルシウムを効果的に取り入れることができます。